WiMAXを契約でギガ放題プランをおすすめする3つの理由

WiMAX

WiMAXを契約する際に選ばなければならない契約プラン。
WiMAXやWiFi端末を選ぶ際に「安い方がいいに決まっている」と料金で決めてしまう方が多くいらっしゃいますが、WiMAXではギガ放題プランを選択する方が圧倒的にお得にWiMAXが利用できることを皆さんはご存知でしたでしょうか?
WiMAXの他のプランと比較しても金額的にそれほど差がないのですが、使い勝手は通信無制限のギガ放題プランの方が何倍も優れているため、選ぶなら無制限の方がいいですよね。
そこで今回はそんなWiMAXのギガ放題プランをおすすめする理由と他のプランと比較してどれだけお得に使えるかを解説していきたいと思います!

WiMAXの2種類の契約プランとは?

WiMAXを契約する際にはギガ放題とライトの二種類のプランから1つを選ぶ必要があります

ギガ放題プラン

ギガ放題プランはWiMAXの醍醐味とも言える、実質無制限で通信を使い放題利用できる機能が備わっています。
しかしこのギガ放題プランは1ヶ月間どれだけの通信を利用してもいいというわけではなく、3日で10GBという制限の中で通信を行えば1ヶ月どれだけ使っても問題ないという、実質無制限のWiMAXのプランになっています。もちろん3日で10GBという制限さえ守れば、上限はなく無制限にWiMAXの通信容量を利用することができます。
以下の表で概要を詳しく見てみましょう!ギガ放題プラン

通信速度 最大1200Mbps
月の通信制限 3日で10GB
通信制限にかかる条件 3日で10GB以上の通信を行なった場合

ライトプラン(7GBの制限あり)

ライトプランはギガ放題プランとは対照的にWiMAXの月間通信容量が7GBまでを使用できるという通信制限が付いています。この制限は月額に7GBの使用限度が付いていますので、この月の使用料を超えてしまうと新しい月になるまでWiMAXを利用できなくなってしまいます。

ライトプラン

通信速度 最大1200Mbps
月の通信制限 7GB
通信制限にかかる条件 月間7GB以上の通信を行なった場合

「ギガ放題」3日で10GBの制限のルールと解消方法とは?

WiMAXのギガ放題プランを利用される方は以下の通信ルールを理解しておくことで、これからのWiMAXのギガ放題プラン生活をより快適に過ごすことができると思います。そこでここでは、知っておきたいWiMAXギガ放題プランのルールを箇条書きにまとめてみました。

ギガ放題プランの制限はいつ?解除はいつ?

WiMAXのギガ放題プランの通信制限はズバリ、3日で10GBの通信容量を超えた場合翌日の18時から翌々日の2時までの8時間の間WiMAX端末に通信制限がかかるようになっています。WiMAXはギガ放題プランでもライトプランでも、WiMAXの通信制限がかかってしまってからは通信容量の更新時がくるまで通信制限をリセットする方法はなく、従来にあった別途料金を支払って制限を引き伸ばしてもらう選択肢はありません。

ギガ放題プランの制限後の通信速度

WiMAXではギガ放題プランの通信制限がかかってしまっても一切通信ができなくなる訳ではなく、ギガ放題プランでは1Mbps以下でのWiMAXの通信速度になってしまいます。

ギガ放題プランの制限時の速度でできること

ギガ放題プラン制限時のWiMAXの速度は1Mbps以下です。1Mbps以下では実際に何ができて何ができないのか?WiMAXの用途に合わせて通信速度をまとめてみました!

動画サイト
・Youtube
Youtubeを標準画質で見た場合の必要最低通信速度は0.7Mbpsですので標準画質であれば問題なくyoutubeを視聴することができます。

・Amazonプライム
Amazonプライムの場合も標準速度で必要な通信速度は0.9Mbpsですので標準画質であれば視聴することは可能です。
以上の動画視聴サイトであれば1Mbpsほどで視聴することが可能な動画視聴サイトになります。以上にないNetflixやHuluは最低動画視聴サイトであっても1Mbps以上の通信が必要になりますので視聴はむずかしくなってくるでしょう。

ソーシャルネットワークサービス
・LINE
LINEは使うことができるのはもちろん。1Mbpsでチャット機能からビデオ通話まで全てで使うことができます。
・Twitter
もちろん使うことができますが、推奨速度は3Mbpsであり、1Mbpsでは通信の読み込む速度が3秒ほどかかってしまうため、人によっては少し遅いと感じてしまうかもしれません。
・Instagram
InstagramもLINE同様に写真投稿から動画投稿まで全ての機能で問題なく使うことができます。
・Facebook
FacebookもLINE同様に全ての機能で問題なく使うことができます。

ギガ放題プランの制限にかからないための方法4選!

外では公共WiFiを使おう!

現代は外に出ると至るところに公共WiFiがあります。レストランやカフェではこういった公共WiFiを利用してWiMAXの通信容量の節約をして然るべき場面でWiMAXを使うようにしましょう!

WiMAXを使う前に先に元々あるデータ通信プランを使い切る

ギガ放題プランを選択した方は十分に通信をしていくためにWiMAXのギガ放題プランを契約されたと思いますが、常にWiMAXを持ち運ぶ予定であれば先にあるデータ通信の容量を使い切ってしまってからギガ放題プランの通信を使い始めることをおすすめします。

アプリの自動更新をオフにする

WiMAXのギガ放題プランを利用する際にも、自動更新で容量を使ってしまいますので、アプリの自動更新をオフにしておきましょう。

端末を触らない時はWiFiをオフにしよう!

WiMAXに接続する端末のWiFiをつないだ後にそのまま端末をスリープにしてしまうと常に端末はWiFiを探し続けてしまいます。すると通信容量はもちろん端末の電源までもを消費してしまうため、スリープにする際は機内モードにするかWiFiをオフにしておきましょう!

ライトプラン(7GB制限)がおすすめできない理由

WiMAXのギガ放題プランをご紹介しましたが、「WiMAXの7GBのプランはだめなの?」と感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。
残念ながら、WiMAXの7GBのライトプランはあまりおすすめできません。以下が主な理由になります。

WiMAXの7GBプランをおすすめできない理由

速度制限が厳しい

WiMAXの7GBプランは文字通り、通信容量が7GBを超えると通信制限にかかってしまいます。
7GBの通信容量は思ったより少ないという声が多くあり、WiMAXを契約する多くの方は実質無制限のギガ放題プランを選びます。
では実際に7GBではどのくらいの通信を利用することができるのでしょうか?
7GBで使える機能

速度制限にかかった際の速度

先ほどはギガ放題プランの通信制限後の速度について見ると、1Mbpsの速度だったことがわかりましたが、7GBの場合はこの通信速度が128Kbpsになってしまいます。聞きなれない単位ですが、1Mbpsが1000Kbpsだということを考えるとゾッとするような通信制限だということがわかるかと思います。
この速度がyoutubeはおろか、LINEのチャット機能がギリギリ使えるくらいの速度になっています。

月末までWiMAXの制限が解除されない

WiMAXの7GBプランは10プランとは違い通信制限が月末にならないと速度制限は解除されません。そのためもしWiMAXで7GBプランを選んで通信制限にかかってしまった場合は接続端末のデーター通信を使わなければなりません。速い通信を制限を気にせず使うために契約をしたのにも関わらず制限がかかってしまうと元も子もありませんよね。心配であれば必ずギガ放題プランを選ぶことをおすすめします。

プロバイダーによってWiMAXのプランを途中変更できる
多くのプロバイダーではすでに契約していても数カ月以内であれば無料でプランを変更してくれます。
そのため、途中でプラン変更が可能なプロバイダーであることを事前に確認していれば、とりあえずギガ放題プランを選択しておき、使い勝手や実際に自分が月に平均してどれくらいの容量を使っているのかを確認してから必要であればプランを変更することができます。

以上の理由からWiMAXを選ぶ際には必ずギガ放題プランを選ぶことをおすすめします!

ハイスピードプラスモードの使い過ぎにご注意を!

以上!ご紹介してきたWiMAXのプラン詳細ですが、気をつけてほしいことが1つ!それはハイスピードプラスモードの使いすぎです。
ハイスピードプラスモードの通信制限は月7GBです。
ハイスピードプラスモードとはWiMAX2+回線ではなくLTE回線を使うことができるモードのこと。LTE回線には気をつけないとWiMAX回線にまで影響を及ぼしたり別途料金がかかってしまうことがあります。
そのためWiMAXを以下の条件をしっかり確認していきましょう!

ハイスピードプラスモードの制限がかかる条件

ハイスピードプラスモードの制限がかかる条件は、ハイスピードプラスモードで通信を初めて1ヶ月で7GBの通信量を超えてしまった時です。この制限はプランに関係なく、両方のプランでもWiMAXの通信は128Kbps(0.128Mbps)まで落ち込んでしまいます。

ここに注意!ハイスピードプラスモードを使うリスクとは

月に上限利用料が変わる

ハイスピードプラスモードを使うとギガ放題プランを使っていても月の通信利用料の上限が7GBになってしまうことに加えて、直近3日間で10GBの通信容量を使ってしまうと月7GBを使っていなくても通信制限にかかってしまうので注意が必要です。

WiMAXの2年プランでは別途料金が発生する

WiMAXの2年契約プランの方は、WiMAX利用中にハイスピードプラスモードの通信を一度でも行うと月に1005円の別途料金がかかるようになってしまいます。一般的にWiMAXは2年契約プランの方が月の通信利用料が安いですが、ハイスピードプラスモードを使う予定のある方は3年契約プランを選ぶことをおすすめします。

ハイスピードモード使用時でも同じように通信制限がかかる

ハイスピードプラスモードでは制限にかかってしまってもなお、ハイスピードプラスモードで通信を続けた場合にはWiMAX回線での通信も制限がかかってしまうことがあります。これを「道連れ規制」といい、こうなってしまってはせっかくギガ放題プランを選んだのにも関わらず、プランに関係なく翌月まで通信制限の取れないような制限がかかってしまいます。気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はWiMAXの契約面で気をつけたいポイントとギガ放題プランをおすすめする理由について解説していきました。
みなさんがWiMAXを選ぶ際に、何か特別な理由がない限りはギガ放題プランを選択することをおすすめします。
では最後に今回のページでご紹介したWiMAXについての項目をまとめておきたいと思います!

まとめ

  • ギガ放題プランを選ぼう!
  • ライトプランは通信制限が厳しい割にギガ放題プランとそこまで料金が変わらない
  • ハイスピードプラスモードには気をつけよう!
  • ハイスピードプラスモード制限時には通信速度が128Kbpsまで落ち込む

以上!今回は主にWiMAX契約時のプランとその他の注意点についてご紹介していきました。実際にWiMAXの契約に関するプランを確認した次はWiMAXのプロバイダー選びに進みましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました