WiMAX(ワイマックス)とは?ポケットWiFiとどう違う?【基本編】

WiMAX

WiFiルーターをお探しの皆さんは、おそらくWiMAXかポケットWiFiかで意見が別れることでしょう。
実はWiMAXとポケットWiFiは見た目はそっくりにも関わらず、サービスや性能面で大きな違いがあるのです。もし、このWiMAXとポケットWiFiの違いをしらずにWiFi端末を選んでしまうと、料金を大きく損してしまうことがあるのです!
そこで今回はモバイルWiFi端末をお探しの皆さんにおすすめのWiMAXと使い方を解説していきたいと思います!

そもそも高速通信サービスWiMAX(ワイマックス)とは?

WiMAXとはUQコミニケーションズが提供している高速通信回線で、高速通信にはおすすめの通信技術です。発売当時は最速の通信でおすすめされていたWiMAXですが、通信エリアの狭さや通信の不自由さなどが原因でクレームが相次いでしまいました。
そこでWiMAXは改善に改善を重ねて、現在はWiMAX2+の回線で通信ができるようになっています。そんな高速通信におすすめのWiMAXですが、よく持ち運びのできる通信端末を一括りにしてポケットWiFiと呼んでいることがあります。しかし、それは多きな間違い。WiMAXとポケットWiFiは形は似たものの全く違うものなのです。
実は、UQコミニケーションズが運営している持ち運びのできる通信端末をWiMAXと言い、ワイモバイル社が提供している通信端末をポケットWiFiと言います。このように提供している会社別に端末名が別々になっているのです。
しかし、持ち運びのできる通信端末が発売された頃、ワイモバイル社のポケットWiFiが世に知れ渡りコンパクトな形状がら通信ができるWiFi端末としてポケットWiFiの名前が浸透してしまったせいで、同じ形状の通信端末を全て一括りにして「ポケットWiFi」と言われてしまっているのです。
そんなWiMAXですが、ポケットWiFiとはどういった違いがあるのでしょうか?次項からWiMAXとポケットWiFiの違いについて徹底比較していきます!

ポケットWiFiとどこが違う?

それでは実際に契約面や機能面ではどのような違いがあるのでしょうか?

ポケットWiFiとはここが違うWiMAX!

ポケットWiFiとWiMAXは似て異なるポイントがたくさんありますが、一番大きな違いはそれぞれの回線の違いです。
回線の違い
・ポケットWiFi
ポケットWiFiはキャリア回線といい携帯電話会社であるdocomo・SoftBank・auそしてワイモバイルの通信回線を利用しています。私たちが普段LTE回線と呼んでいる回線と同じ回線を使用しています。
・WiMAX
対象的にWiMAXの場合はUQコミニケーションズが提供しているWiMAX回線という独自の通信回線を利用しています。現在はこのWiMAX回線が通信速度、通信エリア、通信状況の改善と拡大を行っており現在ではWiMAX2+に回線を完全移行し、さらなる通信速度の改善を行っています。

通信速度
次にWiMAXでおすすめしている通信速度を比較してみましょう。結論から申し上げると、通信速度でびたい場合はWiMAXがおすすめです。なぜならポケットWiFiとWiMAXを比較するとWiMAXの方が圧倒的に通信速度が速いからです。おすすめのWiMAX端末3種とおすすめのポケットWiFi3種を比較した以下の表をご覧ください。

おすすめWiMAX端末3種類 W06
W05
W04
下り最大通信速度 1,200Mbps 708Mbps 758Mbps
おすすめポケットWiFi端末3種類 Pocket WiFi801HW
Pocket WiFi 701UC
Pocket WiFi 601ZT
下り最大通信速度 972Mbps 72Mbps 112.5Mbps

最新端末を比較しても通信速度が圧倒的にWiMAXの方が速いことがわかりますね。結論、通信面ではWiMAXが圧倒的におすすめ!

それでは実際に契約する際にはポケットWiFiとWiMAXではどちらの方がおすすめなのか?実際にそれぞれのおすすめプランの契約面を比較していきましょう!

BroadWiMAX vs Y!mobileのポケットWiFi~どちらがおすすめ?~

ポケットWiFiとWiMAXのおすすめの契約面を比較する前に、まずはそれぞれの契約に関しての知識を確認しておきましょう。
※どちらがおすすめなのかが気になるあなたはここは飛ばしてすぐ比較表へ!

契約に関しての基礎知識

ポケットWiFiもWiMAXもインターネットでも店舗でも申し込みフォームにサインしただけでは契約完了にはなりません。まずは契約に関してのプロバイダーを選択します。
そもそもプロバイダーとは何?
プロバイダーをよく使われる例で表すと水源からあなたの元へ水を送るための川だと考えるとわかり易いかと思います。水源(通信提供元)からの川(プロバイダー)が狭く整って流れも緩やかであればあなたに届く水(通信)も少なく速度も遅くなります。川が広く流れも急であればその分、供給される水が多くしっかりと通信することができますよね。
以上の例から、通信契約におけるプロバイダーの選択はとても重要なものになることがおわかりいただけたかと思います。
それでは具体的にWiMAXとワイモバイルのプロバイダーでは何が違うでしょうか?
WiMAXとワイモバイルのプロバイダーの違い
WiMAXとワイモバイルのプロバイダーの違いを以下にまとめました。

  • 契約期間
  • プロバイダー料金
  • 通信対応エリア<\li>

と様々な違いがありますが、WiMAXとワイモバイルのプロバイダーの決定的な違いは料金サービスの違いです。
WiMAXのプロバイダーはキャッシュバックや月額割引、端末代無料など料金に関わる多くのサービスを行っています。ワイモバイルも確かに月額割引などのおすすめできるポイントはありますが、WiMAXの方が料金サービスにより料金に圧倒的な差が生まれています。百聞一見に如かず。実際にそれぞれのおすすめのプロバイダーの比較例を見てみましょう。

BroadWiMAXとY!mobileのおすすめプランを比較!

おすすめプラン比較一覧表

BroadWiMAX Y!mobile
おすすめプラン ギガ放題プラン Pocket WiFiプラン2
プロバイダー総合料金/月々料金 13万1,626円/2,944円〜4,332円(月変動制) 14万3,676/3,991円
料金サービス 月額割引/端末料金無料/端末送料無料/乗り換え料金負担 併用携帯料金割引/月額割引
通信速度 最大1,200Mbps 最大612Mbps
月通信制限 無制限(3日で10GBを超えた場合翌日まで制限) 7GB
通信対応エリア WiMAX対応エリア/LTE回線対応エリア LTE回線対応エリア
契約期間 2年〜3年 3年

通信速度

先ほどのおすすめ端末一覧で比較した通り、通信速度の面ではWiMAXの方がポケットWiFiよりおすすめだということがわかりました。

通信制限

当たり前のことですが、通信制限がな方がおすすめです。
一般的に7GBは動画サイトのyoutubeで換算すると58時間。これを1ヶ月で割ると1日にyoutubeを観れるのは1,9時間が限度となります。
もちろんこの他にも携帯の様々な機能を使うことになりますので、実際に使えるのはこの時間以下だと考えた方がいいですね。その他の機能を7GBの通信容量に置き換えて換算した表が以下になります。

通信制限の用途 1ヶ月 1日
メール 143万通 4.7万通
WEBページ 30,366ページ 1,012ページ
マップ機能 9,786回 326回
音楽ダウンロード 1,790曲 60曲
オンラインゲーム 47時間 1.5時間

いかがですか?WiMAXの契約後のプランの変更は可能というプロバイダーが多くあるので、とりあえずギガ放題プランで試して見るということを強くおすすめします。

通信対応エリア

通信対応エリアは、LTE回線を利用できるワイモバイルがおすすめという意見が通説になっていました。
しかし、近年ではWiMAXもLTE回線とWiMAX2+回線の両方が使用でき、WiMAX2+回線の通信エリアも年々拡大を続けています。さらにおすすめのLTE回線のエリアでも山岳地帯や海沿いの地域では通信が難しくなることがあるため、通信対応エリアだけでWiFiを比較するのはおすすめできません。
そのため、通信エリアが気になる方は、一度最短1日から利用ができるWiMAXのレンタルサービスでご自身の使う通信エリアを確認して見ることをおすすめします!

おすすめの契約期間

契約期間はプランによっても様々ですが、契約期間のおすすめは2年契約。WiMAXが2年でワイモバイルのほとんどが3年になります。
しかし、数年後により安く高性能な通信技術がある状態でそのままの契約を続けることを考えるのであれば、短い契約をおすすめします。特に問題がない場合でも自動更新されるプランも多くありますので、契約期間は短いプランを選ぶことをおすすめします。

結論、契約面でもWiMAXがおすすめ!
今回おすすめとして挙げた
BroadWiMAXですが、このプロバイダーは他のWiMAXのプロバイダーと比較しても安くて安心して使うことができるとおすすめです。

まとめ~WiMAXはこんな人におすすめ~

「WiMAXはこんなあなたにおすすめ」と言われる使い方とケースを集めました!

一人暮らしの人におすすめ!

一人暮らしの方にはWiMAXをおすすめする理由は大きく2つ。
まず1つ目の理由は固定回線などの工事が不要ということ。
普通、お家でネット環境を整えるには固定回線などで通信環境を整える必要があり、工事の予約をしても2ヶ月待ちが普通ですが、WiMAXは受け取ったその日に即日開通。即効性を求めるあなたにおすすめです。
2つめのおすすめの理由は引っ越した時もそのまま使えるから。
WiMAXは引っ越した時でもルーターを移動するだけで引っ越した日からネットを使うことができますが、固定回線の場合がそうはいきません。引っ越しを考えている方は始めからWiMAXにすることをおすすめします。

外出先や出張先でインターネットを使用したい人におすすめ!

WiMAXは外に出かけて通信を使う方にとてもおすすめのWiFi端末になります。おすすめの理由は通信制限が実質無制限だということと、通信回線が豊富だということ。もしWiMAX回線が繋りにくい場所でもLTE回線を使うことで通信を問題なく使うことができますし、実質無制限であるために外出先でも容量を気にせずにWiMAXを使うことができます。

インターネットの使い過ぎで携帯のパケット代が高くついている人におすすめ

最もおすすめなのは、パケット代金の代わりにWiMAXを契約する方です!正直なところ、パケット通信は携帯端末のインターネットという1つの機能にすぎませんが、WiMAXの場合はその機能に特化しているためどちらの方がコストパフォーマンスが高いかは一目瞭然ですよね。

いかがでしたでしょうか?今回はWiMAXとポケットWiFiの違いからWiMAXのおすすめお点をご紹介しました。
今回ご紹介したことを踏まえて、次のプロバイダー選びに役立てていってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました